誰でもわかる先天性心疾患

先天性心疾患など小児循環器をなるべくわかりやすくお話します。主に看護師さん向けですが、小児循環器を専門としない医師向けの内容も多く含まれています。教科書ではわかりにく内容の理解の助けになればと思い書いています。

ファロー四徴症 TOF

ファロー四徴症( TOF: tetralogy of Fallot ) カテーテルによる肺動脈弁置換術+α~ 疾患11

今回はカテーテルによる肺動脈弁置換術について話をしていきます。 これはまだ日本で導入されていません(アメリカでは認可されたので、いずれできるようになると思いますが。) なので、将来的な話という事になりますが、興味ある人は読んでいただけたらと…

ファロー四徴症( TOF: tetralogy of Fallot ) 臨床経過4 肺動脈弁置換術について ~ 疾患10

前回の心内修復術は理解できたでしょうか。 心内修復術が終わるとしばらくは手術と無縁の生活になります。 TAP法で修復した人も、弁輪温存で修復した人もしばらくは変わりません。 しかし、TAP法で修復した場合は肺動脈弁の逆流が必ずあります。 肺動脈弁逆…

ファロー四徴症( TOF: tetralogy of Fallot ) 臨床経過3 心内修復術について ~ 疾患9

今回のところは重要です。円錐中隔の前方偏位とともにTOFの核となる部分なので、頑張って理解してください。でははじめていきます。 BT shunt手術が終わり、酸素濃度が安定するとしばらく外来で平和な日々が続きます。 TOFの児の次の目標は1歳、10kくらいで…

ファロー四徴症( TOF: tetralogy of Fallot ) 臨床経過2 Spell(無酸素発作)について ~ 疾患8

Spellについて 今回はTOFの有名かつ重要な症状、Spellについて話していきます。 英語でSpell(スペル)って読みます。 日本語では無酸素発作ですけど、誰も無酸素発作って言わないので、共通言語としてSpellで覚えたほうがいいと思います。 図;Spell みなさ…

ファロー四徴症( TOF: tetralogy of Fallot )について 臨床経過1 ~ 疾患7

前回は「TOFの本質は円錐中隔(conus septem)の前方偏位」について説明しました。前回のところはTOFでは最も重要なので、わからなければ、誰かに聞くなり必ず理解するようにしてください! 下の図を見てもう一度復習しておきましょう! Conusのまとめ 図:TOF…

ファロー四徴症( TOF: tetralogy of Fallot )について 円錐中隔の前方偏位 ~ 疾患6

今回はFallot四徴症について話します。 読み方はファロー四徴症です。よくTOFとかTFとか略されます。 今回は面倒なので、TOFと略します。 先天性心疾患の中で割とよく見られる疾患です。 諸説ありますけど、先天性心疾患の中の1割がTOFです。 もちろんVSDと…